受動喫煙防止チラシ配布の対応策で禁煙治療を推奨

他の人がたばこを吸うことによって、煙を吸ってしまうことを受動喫煙といい、その健康被害について問題視されています。
たばこは喫煙者本人への被害があるだけではなく、周囲の人への悪影響があることがわかっており、社会的に禁煙の必要性を認識していくことが大切です。
様々な自治体では受動喫煙の対応策として、啓発ポスターやチラシが作成されており、民間の商業施設などで配布することで周知する努力を行っています。
ポスターやチラシの配布場所としては、コンビニやドラッグストア、スーパーなどがあって、受動喫煙の防止を呼びかける対応策を実行しています。
禁煙を推奨するポスターやチラシに関しては、無償で配布を実施していますので、各自治体に問い合わせをすることもできます。
以前までの禁煙指導とは違って、喫煙はニコチン依存症という病気と捉えられており、禁煙治療が病院で受けられる体制へと方針が転換されています。
軽度の症状の場合には、パッチやガムなどのニコチン製剤を使用した治療や、禁煙のためのトレーニングが対応策として行われていますが、重度の場合には禁煙治療薬が用いられる方法が一般的となっています。
禁煙治療薬にはニコチンが含まれていませんので、離脱症状を緩和させることが可能です。
禁煙治療薬のチャンピックスは、脳内の受容体と結びつく働きがあるために、ニコチンを摂取していない状態であっても、切望感や離脱症状に対する苦しみを和らげる効果が得られます。
チャンピックスを使用した治療法を行ったときは、禁煙の成功率が高くなっているデータがあり、高い有効性が証明されています。
そのために現在における医療機関での禁煙治療は、チャンピックスの服用を行う方法が主流となっています。