From 6月 2014

禁煙治療プログラムは病院で受けましょう

c2207037a011e694663395652d71b653_lタバコをやめようとする人たちが増えてきています。
しかし、禁煙を達成することは簡単ではありません。
これはタバコに含まれるニコチンが原因です。
ニコチンは強力な中毒性をもつ化学物質で、脳内のニコチン受容体と結合することでドーパミンを分泌させます。
ドーパミンは人に幸福感を与えるため喫煙者はいつまでもタバコを欲する体になってしまうのです。
したがって、体内のニコチンの濃度を少しずつ低下させていく必要があるのですが、いきなりタバコを断ってしまうとイライラしてしまい結局禁煙に失敗するパターンになってしまいます。
本気で禁煙を行いたい人は、禁煙治療プログラムを病院で受けましょう。
禁煙治療プログラムを受けるメリットとしては、専門医が親身になって禁煙を補助してくれる点です。
専門医はプログラムの実行期間中、定期的にアドバイスや指導を行います。
この間、病院から禁煙補助薬が処方されます。
禁煙補助薬は体内のニコチン量をゆっくり下げる効果があります。
この効果のおかげで、イライラすることなく無理のない禁煙を続けることができます。
禁煙治療プログラムを行った人の約50%は、プログラム終了から半年後の時点においても禁煙が続けられているそうです。
自分の意志のみで禁煙する場合だと成功率が約10%と言われているので、非常に効果的だと言えるでしょう。