From 9月 2014

医師と合わない場合

af9920051706l人間は誰もが問題なく人付き合いを出来るというものではなく、人によっては合う合わないということがあるのは自然なものです。
これはどのような場面でも当てはまるものであり、例えば通院している場合でも当てはまります。
通院している病院の医師と合わない場合は、意思の疎通をすることが難しくなり、自分の症状への理解もしてもらえない場合も考えられます。
しかし、実際に相性が良いのか悪いのかを事前に判断する方法はありませんから、実際に自分の目で確かめる必要があります。
また、第一印象は大切なのですが、実際には初対面で相性が良いかどうかを判断することは簡単ではありませんから、数回は診察を受けながら判断することになります。
何度か診察をしてもらった結果、その医師と合わない場合は思い切って違う医療施設に切り替えることも良いでしょう。
自分と合わないと判断をしたのであれば、その医師が話すことの一つ一つに対して信頼することが出来なくなってしまいますから、早めに見切りをつけて切り替えることも必要です。
自分と相性が良く、症状改善のために、また治療のために真剣に向き合ってくれる医師を見つけることが大事ですから、信頼関係を築ける医師を探しましょう。